キュウの『スタホと愉快な仲間たち』☆

相方と素敵な仲間たちに支えられ、今日も陽気に漬けつけツケ…♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

②「納得してくれなくていい、理解してくれればいい」

※まずは前記事①をお読み下さい(o_ _)o



以下、原文。


↓↓↓↓↓



先日、スーパードキドキヒューケット(さいたま市)の店長様より、一方的に店内出入り禁止を申し渡された○○と申します。

今回のこの決定に対し納得がいかず、店長様に対して意見を述べても、「納得してくれなくていい、理解して下さい」の一点張りで取り合っていただけませんでしたので、このような形で連絡をさせていただきました。

この度、店長様が私たちを出禁と決定された主な理由に『私たちが来店することにより、他のお客様が来店しない』ことを主な理由に挙げてらっしゃいました。

たしかに私たちは競馬ゲーム・スターホース2で、一部の常連と険悪になっている状況でありました。

でも、それに至るには、以下の理由があります。

1.ある一人の常連がメダルを大量に他人に譲渡。

たまたま大量にジャックポットしたある常連は、知り合いに頻繁にメダルを譲渡しています。

しかも、メダルの売買、譲渡は禁止と書いてあるにも関わらず、店側も黙認しているのには驚きました。

目撃者は多数います。

譲渡が認められるなら、売買も必然的に認められることになりますよね。

貴社はそういう経営方針ということでよろしいのでしょうか。

譲渡に関して、他のお客様にはご迷惑をおかけしないとお考えかもしれませんが、ご存知、スターホースはメダルがあればあるほど、強い馬を作れるゲームです。その分、レースにも勝ちやすくなるので、レースでかち合えば必然的に他のお客さんは勝ちにくくなります。

それに、そもそも他のお客さんはみんなそれぞれ自分でお金を出して遊んでいるのに、それを目の前で1000枚、2000枚を融通しあっていたら、心情的におもしろくないですよね。


2.かけもちプレイについて

私もゲームのかけもちをよくやっていました。これについて隠すつもりはありません。
ただ、私だけではなく、その常連や他のお客さんもされており、店側はそれを黙認している形でした。

ですが、私たちを目の敵にしたその常連は、今まで散々自分もかけもちしていたにも関わらず、急に自分のことは棚に上げ、私たちのことを逐一店員に報告し始めました。

そして、かけもちは全面的に禁止になり、私たちもそれに従い、かけもちするのを一切やめました。

ですがある時、その常連が私たちがかけもちをしていると勘違いし、店員に報告。店員も何も確認をしないで私たちに注意してきて、結果、全面的に店側に落ち度があったにも関わらず、一切の謝罪はなしでした。

こちらが「人を疑って間違えたんなら、謝るのが人としての筋じゃないんですか?」と言って、ようやく謝罪。
貴社ではどういう社員教育をされているのか甚だ疑問です。


3.その常連が1レース毎に狭い席と席の間を歩きタバコでウロチョロ。

荷物が蹴られることもあったし、灰が目の前を舞ったり、タバコが服につきそうになったり。
そんなことが幾度となくありました。

今となっては反省していますが、以前、私はそれを馬の名前で注意したことがありました。
ですが、依然として態度を改める様子はなく、むしろそれをきっかけに「馬名で中傷してくる」と店員に報告されました。

元を正せば、店員がちゃんと注意してくれればそんなことをせずに済んだことです。
店員と常連が仲良し子好しなのは結構ですが、注意すべきとこは注意するのが、店員としての務めなのではないでしょうか。

また、「その都度、店員に言っていただければ」と思われるかもしれませんが、それだけその常連と店員が話し込んでいるのを目の当たりにしていたら、とても店員には相談できないことは自明の理です。



そんな常連の嫌がらせと店員の怠慢が続いても、私たちはずっと我慢していました。
このお店が好きだったし、このお店で仲良くなった人たちと話したりするのが楽しかったからです。

目の前でメダルの譲渡が横行されていても、歩きタバコでフラフラされても、店員にかけもちを密告されても、店員の常連贔屓な対応にも、ずっと耐えてきました。
そして、それらを我慢してきたのは私たち二人だけじゃありません。
『耐える者同士』ということで仲良くなった方もおりますし、この現状に嫌気が差し、店を変えた方もいます。

私たちが来ることにより、来なくなる客がいる(?)のと同様に、その常連が来ることで、来ない、もしくは店を変えた方がいらっしゃるのです。

店員に言いたくても言えない空気を作り上げられたがために、です。


そして、今回ここの店長様は私たちの主張を一切聞き入れることなく、その常連の言い分を一方的に優先し、出禁という決定を私たちに下しました。

「納得してくれなくていい、理解してくれればいい」

名言ですよね。
私はこの言葉を一生忘れないと思います。

また、この言葉自体が、納得させられる回答ができていないことを、店長自らが認めています。


前置きが長くなりましたが、以下①及び②の2点について、貴社のお考えと今後の対応をお聞かせ下さい。


前述2の謝罪時、店長様はたしかに「今後は公平な対応をお約束します」とおっしゃって下さいました。

ですが、その翌々日には、「先日は公平な対応をするとお約束しましたが、私たちにはお客様を選ぶ権利があります。警察や裁判官じゃないので、公平に裁く義務はありません。」とあっさり約束を反古され、一方的に出禁と告げられました。

なぜ、店員にも相談できず我慢していた私たちだけこのような対応をされなくてはいけないのでしょうか。

客観的に見て、あまりにも不公平ではありませんか。

要するに、お店側で客に優劣をつけるというのが貴社の方針ということでよろしいのでしょうか。

もし、優劣をつけているつもりはないのでしたら、どのような根拠で今回の私たち(特に彼女)への対応とその常連への対応にこのような差が生じるのでしょうか。

お聞かせ下さい。



前述3のとおり、私はたしかに馬名で他プレイヤーを中傷しました。それは私自身、認めるところであり、その点に関しては、ご迷惑をおかけしてしまいましたことを深くお詫び申し上げます。
ですので、この度の出禁という決定に対し、私自身不服があるわけではございませんし、決定を覆していただく必要もございません。

しかし、落ち度が全くない私の彼女も、理由なく出禁というのには納得がいきません。

一体理由は何でしょうか。

かけもちをしたことがあるからでしょうか。

だとすれば、かけもちしたことある客はすべて出禁にしないと理不尽な話ですよね。


私の彼女だから…ですか。

裁判官でも警察でもないから、私の彼女には人権すら認めない、とでもおっしゃるつもりなのでしょうか。


彼女が来ることで、他のお客さんが足を運ばなくなる恐れがあるから、ですか。

だとしたら、上記で申し上げましたとおり、その常連が来ることで足を運ばないお客さんも存在している以上、その常連も同様の理由で出禁にならないとおかしいですよね。

ぜひ、納得のいく理由をお聞かせ下さい。

もし「そんなの口からでまかせだ」とお思いでしたら、署名を集めるなり、実際にみんなでお店に出向いたり致しますので、その旨ご返信下さい。


以上の2点について回答お願いいたします。
※ないとは思いますが、「再度、店舗より説明をお受け下さい。」等の回答はやめて下さい。
あの店長様とでは話にならないから、こうしてメールを差し上げたわけですので。
その点あらかじめご理解下さい。


なお、このメールの内容はSNSやブログ、その他各方面で公開いたしております。

また、今回の決定を理不尽と考えてくださっている方が多数いらっしゃいますので、その方達への報告の意味も兼ねて貴社からの返信もすべてそのまま公開致します。

返信がない場合も、それが貴社なりの誠意ある対応だった、ということで報告いたします。

それでは返信お待ちしております。
長文並びに駄文失礼いたしました。
スポンサーサイト

日常 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<過疎る元ホーム | HOME | ①「納得してくれなくていい、理解してくれればいい」>>

この記事のコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2012-08-26 Sun 19:05 | | [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。