キュウの『スタホと愉快な仲間たち』☆

相方と素敵な仲間たちに支えられ、今日も陽気に漬けつけツケ…♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

バトル!!

とうとうやっちゃいました。笑

店側との大口論!


まず、経緯はこうです。

本日、夜9時に相方とヒューへ。

いつもの指定席が2つ空いていたが、ポップの注意書きに従ってサテは確保せず、俺はスロット、相方はスタホへ。

で、俺は夢夢ちゃんでソッコーBIGを引いて、いざスタホスタート!

いつもの指定席がまだ空いてました。

で、間もなく相方はメダルが切れたので、ちゃんと荷物もカードも抜いて、スロットコーナーへ。

でも、サテには下ろすまでもないメダル1枚を残したままでした。


それをめざとくカスエルが発見!


メダル排出の緑ボタンが点灯しているのを見るや否や、相方がスロットコーナーにいるのを、わ・ざ・わ・ざ!確認しに行って、店員(例のごとく冬彦。笑)にチクる。

で、冬彦は全く確認せずにカスエルの言いなりのまま相方の元へ直行。

案の定、注意される。

冬彦:
「かけもち禁止なんで、戻ってもらえます?」

相方:
「いえ、もうやめてるんですけど」

冬彦:
「そうですか。じゃあ、中に入ってるクレジットは消させていただきます」

…と、自分が疑って間違えたことを謝りもせず、こんな捨てゼリフ。

そして、冬彦はすごい勢いで相方が元いたサテに来てメダル1枚を下ろす。


すぐに相方が目に涙を溜めながら、俺のところへ来ました。


相方:
「なんで、ちゃんと撤去したのにウチらだけ注意されなきゃいけないの!?」


もうね、

ぷっちーん!来ましたよ。


どこまでカスエルの言うことに従順なわけ?

相方と二人でカウンターに行き、冬彦に詰め寄る。


「お前よお、なんで自分が間違えたくせに詫びの一つもねえんだよ!?こっちはちゃんと撤去してただろうが!」



それを口火に…





実はその後、自分でも何を言ったかよく覚えていません。

俺もかなり溜まっていたので、冬彦に向かって店内に響き渡るような大声を張り上げてぶちギレ!

周りの客はびっくりしたでしょうね。

でも、めちゃくちゃなことは言ってないし、口調は荒々しながらも、理路整然とした主張をぶつけてきました。

もちろんカスエルが他人にメダル譲渡したり、サテの間をウロチョロして迷惑してることも、あらいざらいブチまけました。

冬彦はもう、ただひたすら平謝り。

でも、こっちは怒りマックスになっていたので、店長を呼ばせました。

で、程なくして出てきた店長の一言目が、

「どうされましたか?」


どうされましたか?じゃねえだろーが!

冬彦に事情を聞いて出てきたんじゃねえのかよ?

またイチから話させる気か?

もうこの店長の第一声で、完全に脱力…

呆気にとられましたわ。

部下が部下なら、上も上だな。

とりあえずまた同じ主張をして、店長から来た回答はこんな感じ。

①放置はOKだけど、かけもちはNG。
かけもちしてても、店員が気付かなかったらOK。
但し、待っている人がいたら放置も撤去。

…がっかりするぐらいの詭弁でしたね。

前回の日記で、ボスが長時間放置してたにも関わらず、店員が何も対応しなかったくせに、俺が少しサテを離れたらすぐに冬彦が食らい付いてきた件を話したら、出ましたよ、伝家の宝刀「放置ならOK」

でも、ポップにはきちんと『かけもち、および台の取り置き禁止』と書いてあります。

なんで同じポップに書いてあることなのに対応が違うんですか?

この矛盾に気付いたのは、冷静になった後だったので、この時は切り込めませんでした。
また店長と話す機会があったら、突っ込んでみたいと思います。


②カスエル自身のかけもちや、メダルの譲渡、サテ間を頻繁にフラフラ~に関しては、確認してないので、何も対応はできない。
でも、今後はちゃんと注意してみるようにする、とのこと。

ってか、基本的に譲渡はOKみたいな言い方をされたんスけど(-ω-;)

んな店、あるかいな。

ヤツが11万枚JPしたのを知ってて譲渡OKなんて、苦し紛れもいいとこだよ。

他にもあったかもしれませんが、いま頭に出てくるのはそんなとこです。


とりあえず今回の確認ミスに関しては、店長も冬彦も全面謝罪。

でも、頭下げるだけなんてクリオネでもできるんで、それだけじゃ納得いかない俺らは「カスエルにも謝らせろ」と訴えたが、「それは私のミスなんで、勘弁してください」とのこと。

「んじゃカスエルに、間違ってたことを報告しろ」と命令。

で、2サテに座ってるカスエルの元に冬彦が説明に。

俺も冬彦のすぐ後ろに立って聞き耳を立てたが、清が「かわすか、かわすか」とうるさくて聞こえず。

カスエルは俺が後ろに立っているのを視認したにも関わらず、ふてぶてしく『申し訳ない』的な一礼もなく、むしろ少しつまらなそうな顔でまた淡々とスタホ。


まじ、ぶん殴ろうかと思いました…


で、最後に、冷静に冬彦と少し話して帰りました。


帰りの車中。

相方は悔し涙?を浮かべながら、しばらく行きたくないと言っていました。

でも、ここで行くのをやめたらカスエルの思う壺なので、俺は明日も普通に行きます。笑

実は明日も休みなんで♪

というわけで、お時間ありましたら、みなさん明日ヒューに顔出して下さいな☆
スポンサーサイト

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<広がる輪♪ | HOME | (-ω-;)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。