キュウの『スタホと愉快な仲間たち』☆

相方と素敵な仲間たちに支えられ、今日も陽気に漬けつけツケ…♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

私の夢はサイレンススズカです。

今からちょうど10年前の、平成10年11月1日。


みなさん、何があった日かご存知ですか?


競馬ファンの方ならご存知かと思いますが、平成10年11月1日、1枠1番1番人気のサイレンススズカが、天皇賞・秋での競走中、第3コーナー過ぎで故障発生、予後不良と診断され、安楽死処分とされた日です。


すなわち、今日はスズカが亡くなってから10年目の命日というわけです。



遡ること、1998年の第39回宝塚記念。


スズカはメジロブライトやエアグルーヴなどの強豪馬を抑え、生涯初にして最後となるGⅠ制覇を成し遂げました。

その後、毎日王冠で、後にJCを制し、世界最高峰の舞台・凱旋門賞で2着入線したエルコンドルパサーや、有馬記念を連覇したグラスワンダーに、影さえ踏ませず圧勝。


そして単勝1.2倍という圧倒的人気で迎えた天皇賞秋。

スタートから後続を大きく突き放して軽快に逃げていたスズカに、第3コーナー過ぎで悲劇が襲ったのである…


 ↓

悲劇…

※思い出したくない方は、見ない方がいいです(ノд;)



まさにア然…。

学生時代にテレビで見てましたが、現実を受け入れられずに、一人で涙ぐんだ記憶があります。

競馬番組(当時はスーパー競馬)も、生放送なのに完全にトーンダウン。
メインキャスターまで鼻をすすって泣く始末。

井崎だけがKYっぷりを発揮して、「無事に走ってなんぼ」と一人でニヤニヤしゃべってましたね。


そして、翌1999年の第40回宝塚記念。

この年は単勝1.5倍のスペシャルウィークと2.8倍のグラスワンダーが出走し、3番人気は20倍台という、完全に2強対決のレースでした。

このレースはスタホでも、再現されているんですが…

みなさん、スタホだと発走直後に杉本さんが…

『あなたの夢はスペシャルウィークか
グラスワンダーか

私の夢はサイレンススズカです』

…って実況するのご存知でした?

でも、前述のとおり、スズカは一年前に亡くなってるから、もちろんこの年の宝塚記念には出走していません。

相方とよく…

「また杉本さん、サイレンススズカって言ってるよ。出走してないのに…
バグなのかな?」

って話していたんですが…


つい先日、やっとその謎が解けました。


 ↓

『夢』







バグでも何でもなかった…


杉本さんがホントにそう状況していたんです。



全国の競馬ファンの皆さん

どうでしょうか


いつまでも

そして

どこまでも先頭だった

一年前の

サイレンススズカの
ゴールが

思い出されます


そして今年もまた

あなたの

私の夢が

走ります


あなたの夢は

スペシャルウィークか

グラスワンダーか


私の夢は


サイレンススズカです



夢、叶わぬとはいえ

もう一度この舞台で

ダービー馬や

グランプリホースと

走ってほしかった




や~べぇ、この記事書いててマジ泣きそう。



余談ですが、このレースの直後、競馬の神様・大川慶次郎は「もし無事に走っていれば(勝ったオフサイドトラップの)8、9馬身は前にいたでしょうね」って言ってました。


競走中止がないスタホでは、圧倒的一番人気で天皇賞秋に出走するスズカは、無事にゴール板を駆け抜けてくれます。

セカンドでは滅多になかった、「ぶっちぎった!」演出がサードではよく出るようになりましたよね。


スズカが天皇賞秋で大逃げをかまして、直線に入っても垂れずにいると、杉本さんが…

「サイレンススズカ、
 ぶっちぎった!
  ぶっちぎった!!」

「後ろからはな~んにも来ない!後ろからはな~んにも来ない!」

って実況しますが、もし無事にスズカが最後まで走れてたら、こんな圧倒的な勝ち方してたんだろうなあ…と、また目頭が熱くなるキュウなのでした。


ちなみに、今までいくつものグランプリレースを実況してきた杉本さんが、出走していない馬を『私の夢』に挙げたのは、後にも先にもスズカだけらしいです。


風になったスズカに合掌…
(-人-)

あなたは間違いなく最速でした。
スポンサーサイト

競馬 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<スタホ奮闘記【4】 | HOME | あらら。>>

この記事のコメント

アヲさん、コメどもです♪

競馬はロマンですよね☆
ドラマがありすぎです(T_T)

ぶっちゃけこの前の天皇賞秋も、最後はスズカがウオッカを押したんじゃないかな、と思っています。
スズカに騎乗してた武豊が、スズカが亡くなったちょうど10年後の同レースを、大接戦の末、鼻差で制した…
出来すぎです(T_T)

個人的にはダスカとアンカツを応援してたんで、正直あの写真判定には納得いかなかったけど、そんな背景を知っていると、まあ、あの結果もドラマチックでいいかな♪と思えますよね☆

とりあえず、女傑2頭の今後が楽しみです♪
2008-11-05 Wed 11:16 | URL | キュウ [ 編集]
この前の返せなくてすいません。詳しいこと友人に聞いてくるので分かったらまた教えます

武豊騎手はその後かなりショックを受けてアドマイヤベガの降着もしてしまいましたよね。

悲劇から1年、スペシャルウィークで天皇賞(秋)を勝った武豊騎手は『あと一押しはサイレンススズカが押してくれた』と言っていました、競馬にはロマンがありますよね。今日の競馬を見てさらに感じました
2008-11-02 Sun 16:44 | URL | アヲハタ [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。