キュウの『スタホと愉快な仲間たち』☆

相方と素敵な仲間たちに支えられ、今日も陽気に漬けつけツケ…♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

巨星墜つ…シンボリルドルフ


オグリに続き、また一頭、激動の時代を駆け抜けた巨星がこの世を去りました。





シンボリルドルフ…


言わずも知れた無敗のクラシック3冠馬。



スタホで無敗の3冠を達成すると、

「競馬の世界には横綱がいます!」

なんて実況が流れますが、その走りはまさに「横綱相撲」でした。



ディープやブーちゃんのような派手な勝ち方はしないのですが、馬自身が「これぐらいの力を出せば勝てるだろう」と、あえてレース中に力の出し具合を調節していたかのような、そんな底知れぬ強さを秘めていました。



相方のブルームがシンボリ牧場と深い縁があるため、この訃報には大きなショックを受けていました。














これは去年だか一昨年だかに、シンボリ牧場に帰ってきたルドルフを相方が撮影したもの。

これだけ至近距離で撮影できてしまうんですね、うらやましい。

ああ、裏山鹿。



この時のルドルフは、ずっと牧場の方を見て、走りたそうな感じでウズウズしていたそうです。

高齢なため、好きに走らせて骨折でもされたら大変なため、結局閉じ込められたままだったらしいですが…



30歳というと、人間でいう90歳以上にあたるそうです。

大往生と言ってもいいのではないでしょうか。





天馬となったシンボリルドルフ。



今頃、思う存分、天空のターフを駆け回っていることでしょう。






いつまでも安らかに。





スポンサーサイト
スタホ | コメント:6 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。